Macでpdfをjpegに一括変換する方法 2023

Macは、デジタル化の時代に対応するために、さまざまな便利な機能を提供しています。その中でも、Mac上でPDFからJPEGに一括変換する方法が知りたいと考えている人も多いかもしれません。PDFファイルをJPEG形式に変換すると、画像としての利用が容易になり、さまざまな用途に活用できます。

本記事では、Mac上でPDFからJPEGに一括変換する方法について紹介します。さまざまなオプションがありますので、それぞれの方法の長所や短所も解説します。また、PDFからJPEGへの一括変換ができない場合の代替案もご紹介します。

ビデオ・チュートリアル:

必要なもの

  • Macコンピューター
  • PDFファイル
  • 変換ソフトウェア
  • インターネット接続(オプション1またはオプション3を選択する場合)

注意事項

  • PDFファイルの保存場所やファイル名には注意してください。ファイルが上書きされたり、削除されたりしないようにしてください。
  • オプション2を使用する場合、変換ソフトウェアをダウンロードしてインストールする必要があります。
  • オプション3を使用する場合、PDFファイルをアップロードするため、インターネット接続が必要です。
  • 作業中に保存されていないデータがある場合は、事前に保存しておくことをおすすめします。

オプション1. プレビューを使用した方法

PDFからJPEGに一括変換する方法の最初のオプションは、Macに標準で搭載されているアプリケーションである「プレビュー」を使用する方法です。以下に、具体的な手順を紹介します。

1. PDFファイルを「プレビュー」で開きます。
2. メニューバーから「ファイル」→「書き出す」と選択します。
3. 書き出し画面が表示されるので、フォーマットを「JPEG」に設定します。
4. フォルダーを選択し、保存場所を指定します。
5. 「書き出す」ボタンをクリックして変換を実行します。

長所:
– Macに標準で搭載されているため、追加のソフトウェアのインストールが不要です。
– 操作が比較的簡単で、直感的に利用することができます。

短所:
– 一度に複数のPDFファイルを変換することはできません。
– 変換後のJPEGファイルの解像度や品質の設定が制限されています。

オプション2. TunesBro PDFGeekerを使用した方法

オプション1では一度に複数のPDFファイルを変換することができないため、大量のPDFファイルを一括変換したい場合には別の方法を検討する必要があります。そこで、TunesBro PDFGeekerというソフトウェアを使用する方法を紹介します。

1. TunesBroの公式ウェブサイトから「PDFGeeker」をダウンロードし、インストールします。
2. アプリケーションを起動し、メイン画面で「PDFファイルを追加」ボタンをクリックします。
3. 変換したいPDFファイルを選択し、「開く」をクリックします。
4. 変換設定をカスタマイズする場合は、画面下部の設定アイコンをクリックして詳細な設定を行います(解像度、保存形式など)。
5. 変換の出力先フォルダーを指定します。
6. 「変換」ボタンをクリックして変換を実行します。

長所:
– 多くのPDFファイルを効率的に一括変換することができます。
– 変換後のJPEGファイルの解像度や品質の設定が細かくカスタマイズできます。

短所:
– ソフトウェアのダウンロードとインストールが必要です。
– 一部の機能は有料のプランにのみ利用可能です。

オプション3. ilovepdf.comを使用した方法

オプション1とオプション2で解決できない場合、オンラインサービスを利用する方法もあります。ilovepdf.comというウェブサイトを使用してPDFからJPEGに一括変換する方法を紹介します。

1. ブラウザでilovepdf.comにアクセスします。
2. ホームページ上部の「PDFからJPEGへ変換」をクリックします。
3. 「PDFを選択」ボタンをクリックし、変換したいPDFファイルを選択します。
4. 変換オプションをカスタマイズする場合は、必要な設定を行います(解像度、品質など)。
5. 「変換開始」ボタンをクリックして変換を実行します。
6. 変換が完了すると、ファイルをダウンロードするオプションが表示されます。

長所:
– インターネットに接続するだけで簡単に利用できます。
– 追加のソフトウェアのインストールが不要です。

短所:
– 一部の機能は有料のプランにのみ利用可能です。
– 変換速度は、インターネット接続の速さに依存します。

オプション4. Automatorを使用した方法

Macの「Automator」アプリケーションを使用して、自動化されたワークフローを作成し、PDFからJPEGに一括変換する方法もあります。以下に手順を示します。

1. 「Automator」アプリケーションを起動します。
2. 「新規ワークフロー」または「新規ドキュメント」を選択します。
3. 左側のアクションライブラリから「PDF」を選択し、右側のウィンドウに「PDFを画像に変換」アクションをドラッグ&ドロップします。
4. 「ファイルの変換」設定をカスタマイズします(JPEG、解像度など)。
5. ワークフローに変換したいPDFファイルを追加します。
6. 上部のツールバーから「実行」ボタンをクリックして変換を実行します。

長所:
– Macに標準で搭載されているため、追加のソフトウェアのインストールが不要です。
– 高度なカスタマイズが可能です。

短所:
– Automatorの操作方法に慣れるまでに時間がかかる場合があります。
– 操作ミスによるエラーが発生する可能性があります。

なぜできないのですか?

PDFからJPEGに一括変換ができない場合、以下の代替案を検討することがあります。

1. オンラインストレージサービスを使用してファイルを一括ダウンロードし、JPEGに変換します。
2. 変換ソフトウェアを購入または試用版を利用し、一括変換を実行します。
3. プリンタードライバーを使用して、PDFをJPEG形式で出力します。

意味と推奨事項

PDFからJPEGに一括変換する方法は、デジタル化された文書を効率的に活用するための重要な手段です。以下に、その意味と推奨事項をまとめました。

1. デジタル画像の利用: PDFからJPEGに変換することで、写真やイラストなどのデジタル画像としての利用が容易になります。ウェブサイトやSNSへのアップロード、プレゼンテーションなど、さまざまな用途に活用できます。
2. 文書のアーカイブ: PDFファイルは一般的な文書の保存形式ですが、JPEG形式に変換することで、よりコンパクトなファイル形式で文書を保管することができます。大量の文書を整理・保存する際に便利です。
3. プリントアウト: JPEG形式は印刷にも適しています。PDFからJPEGに変換することで、必要な場合にはプリントアウトすることもできます。

結論

本記事では、Mac上でPDFからJPEGに一括変換する方法について紹介しました。オプションとして、プレビュー、Aiseesoft PDF Converter Mac、ilovepdf.com、Automatorの4つの方法をご紹介しました。それぞれの方法には長所や短所がありますので、ご自身のニーズに合わせて選択してください。また、変換ができない場合の代替案もご提案しました。PDFからJPEGへの一括変換は、デジタル化の時代において重要な作業ですので、ぜひ活用してみてください。

3つのよくある質問

Q1: Mac以外のコンピューターでPDFからJPEGに一括変換する方法はありますか?
A: はい、WindowsやLinuxなどの他のオペレーティングシステムでも同様の方法でPDFからJPEGに一括変換することができます。各オペレーティングシステムに応じたソフトウェアやオンラインサービスを利用してください。

Q2: 変換後のJPEGファイルの解像度はどのように設定すればよいですか?
A: 解像度の設定は、変換するファイルの用途によって異なります。ウェブ上へのアップロードやSNSへの投稿など、画像が表示されるサイズが小さい場合は、低解像度(72dpiなど)で問題ありません。一方、印刷する場合は、高解像度(300dpi以上)を選択することをおすすめします。

Q3: PDFファイルの一部分だけをJPEGに変換することはできますか?
A: はい、PDFファイルの一部をJPEG画像に変換することは可能です。PDFファイルをアップロードしていただければ、指定された部分をJPEG画像に変換して提供できます。どのページまたはセクションを変換したいか教えてください。